整体をおこなうに時に、心がけていること

hamayanは
G・E・R・シュワルツ博士の
「コネクションの知恵」または
「システムの知恵」とよばれる論を踏まえ

整体などのセッションを
させていただいています

その論によると、癒しの達成は
いつつの基本的段階によるといいます

「注意→結合→自動制御→秩序→安楽」

これはつまり、統合
=全体性をとりもどしていく順序

癒やしとは
誰かがおこなう行為ではなく
全体性をとりもどすことで
自然におきるもの

それにより、症状や体や
現実の出来事や人間関係が
自然に変化する…

癒しの流れが、おこるよう
それを促すサポートであるよう
セッションにのぞんでいます

※病むとは、この逆のこと
「注意の欠如→切断・分離→ 
無制御→無秩序→病気」です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です